国内木枠梱包国内木箱梱包輸出木枠梱包輸出木箱梱包輸出ベニヤ箱梱包
オールベニヤ輸出梱包通函真空バリヤ梱包木箱のみ販売ダンボール梱包梱包機器販売
サイトマップお問い合せ
こんぽう.jp埼玉(富士梱包資材)トップページへ こんぽう.jp埼玉(富士梱包資材) 国内お見積はこちら 輸出お見積はこちら お問い合せはこちら
こんぽう.jp埼玉(富士梱包資材) 会社案内 サイトマップ 電話番号 FAX番号
富士梱包資材トップページへ ニュース&トピックス 5つの信頼 木枠梱包・木箱梱包 木箱のみ販売 バンニング作業 見積から作業までの流れ 事例紹介 Q&A 国際基準 環境への取組 開梱方法 リンク
5つの信頼
あんしんの梱包設計あんしんの梱包設計
製品は直接確認製品は直接確認
輸出梱包は国際基準輸出梱包は国際基準
永年の実績永年の実績
最新の梱包機器を駆使最新の梱包機器を駆使
木枠梱包・木箱梱包
国内木枠梱包国内木枠梱包
国内木箱梱包国内木箱梱包
輸出木枠梱包輸出木枠梱包
輸出木箱梱包輸出木箱梱包
輸出ベニヤ箱梱包輸出ベニヤ箱梱包
オールベニヤ輸出梱包オールベニヤ輸出梱包
真空バリヤ梱包真空バリヤ梱包
通函通函
木箱のみ販売
バンニング作業
お見積りから作業までの流れ
事例紹介
こんぽうQ&A
ISPM(国際基準)NO.15
環境への取組
開梱方法
リンク集
梱包コラム
最新梱包機器プロモーションビデオ
会社案内
ニュース&トピックス
国内お見積
サイトマップ
お問合せ
サイトマップ
段ボール梱包
店舗什器つくりました。
富士梱包資材株式会社,まもるくん
開梱方法
ホーム>開梱方法
送られて来た木枠や木箱、待ちに待った荷物が届いたのはいいけど、どうやって開けたら良いのか、とても困ってしまいますよね。
特に木製梱包という事は大きいか重いか、もしかすると壊れ物かもしれません。
開梱のやり方によっては、中の商品を壊してしまうかもしれない。考えてみるとナカナカ大変な 作業になりそうです。

弊社では、ご依頼を戴ければ開梱作業もお引受けいたしますが、遠方となればそうもいきません。そこで木製梱包品の開梱の方法を「簡単に」ご説明させて戴きます。
「簡単に」を強調するのは、木箱と一言でいっても種類は数多くあり、梱包業者や梱包した国によっても梱包方法に違いがあるので、これからお教えするノウハウで全てに対応できる訳ではあ りません。あらかじめご了承下さい。

しかしながら、箱の「形」は皆同じ「立方体」ですし、組み方の細かい違いはあれど共通点も多 くありますので、大体の物はこれで処理できると思います。

まず梱包の手順を、簡単なサンプルを使ってご説明致します。
「なぜ開梱の説明なのに梱包の説明をするのか?」と思われる方もいるでしょうが、開梱は梱包 手順と全く逆の手順で行えば良いのです。梱包する時に組み立てる順番を逆に辿れば、製品にス トレスを与えずに開梱する事が出来るのです。

勿論、あなたの所にある木箱が弊社のモノでなければ、私達にも梱包手順は解りません。
しかし、一定の法則はございますので、それをお教え致します。

先に種明かしをすると、木箱とは、箱とは、6面の四角形から出来ています。
それら各面材の「ヘリ」の面がどれだけ見えているかが鍵となります。「ヘリ」の面が多く見え ている順に開梱していくのです。

写真を追ってご説明致しましょう。
ちなみに説明がしやすい様に、木箱は単純化しています。
実際はもっと複雑なはずですが、考え方は同じですのでご安心下さい。

お教えします!開梱のポイント
開封ポイント01 開封ポイント画像01 木箱を箱にする前の段階です。
展開図の様に並べてみました。
開封ポイント02 開封ポイント画像02 各部を解りやすくする為に、色をつけてみました。

● 黄色は、製品が乗る底面の部材です。
● オレンジ色は、蓋の部材です。
● 青色は、長手方向の壁面部材です。
● 緑色は、短手方向の壁面部材です。
開封ポイント03 開封ポイント画像03 製品が底面材である黄色部材に乗っているものとお考え下さい。
まず、緑色部材を黄色部材に取り付けます。
取り付ける部分が赤くなっています。
開封ポイント04 開封ポイント画像04 この様に組み立てました。
開封ポイント05 開封ポイント画像05 ここでチェックしましょう。
この段階で各面材の「ヘリ」の面はどうなっているかというと
● 黄色の部材は全ての「ヘリ」が見えています。
しかし、黄色部材である底面は 製品が乗っかっている訳で、
製品を取り出してからでないと片付ける事は出来ません。
したがってチェックから除外します。
● 緑色部材は、両側と上部の3面が見えています。
開封ポイント06 開封ポイント画像06 次に、青色部材を緑色部材、黄色部材に取り付けます。
取り付ける部分が赤くなっています。
開封ポイント07 開封ポイント画像07 この様に組み立てました。
開封ポイント08 開封ポイント画像08 ここでチェックしましょう。
この段階で各面材の「ヘリ」の面はどうなっているかというと
緑色部材は、上部の1面のみ見えています。
青色部材は、両側と上部の3面が見えています。
開封ポイント09 開封ポイント画像09 最後に蓋を取り付けます。
取り付ける部分が赤くなっています。
開封ポイント10 開封ポイント画像10 無事完成です。
開封ポイント11 開封ポイント画像11

最終チェックです。

● 緑色部材は、「ヘリ」面はまったく見えません。
● 青色部材は、両側の2面のみ見えています。
● オレンジ色部材は、「ヘリ」面4面全て見えています。

皆様のお手元には、この「写真11」の形で納入されて来ます。開梱時にはこの写真と全く逆の手順を辿れば良いのです。その時の手掛かりが・・・・・
【各面材の「ヘリ」面が多く見えている部材から順に取り外す】という事です。
勿論、実際の梱包はこんなに単純に出来てはいません。
製品を箱の中で遊ばせない様に、色々な仕掛けがされています。
しかし、まず蓋を取って中を目視確認する事で、その仕掛けを把握する事が出来ます。
仕掛けによっては、ここに挙げた手順では駄目な場合も出てくるかもしれません。
しかし「蓋から開ける」という一見「当たり前」の事を、巨大な木箱を目の当たりにすると
忘れてしまい、とんでもない部分から「こじ開けよう」とするケースが多いのです。
その結果、製品の破損や釘による怪我など、考えたくない結果を招くのです。

では、実際の開梱の様子を見てみましょう。
開封ポイント12 開封ポイント画像12 この木箱を開梱します。
中身は「ガラス、陶器、石などで出来た置物」との事です。
開封ポイント13 開封ポイント画像13 各部を解りやすくする為に、色をつけてみました。

● オレンジ色は、蓋の部材です。
● 青色は、短手方向の壁面部材です。
● 緑色は、長手方向の壁面部材です。
今まで見てきた梱包手順の遡って開梱していきます。
● オレンジ色部材は、「ヘリ」面4面全て見えています。
● 青色部材は、両側の2面のみ見えています。
● 緑色部材は、「ヘリ」面はまったく見えません。
開封ポイント14 開封ポイント画像14 まず始めに、1番多くの「ヘリ」面が見えている「蓋」の部材を外していきます。
開封ポイント15 開封ポイント画像15 外した隣の板を順時取り外します。
開封ポイント16 開封ポイント画像16 蓋を全て外したら、まず中の状況を確認します。
確認事項は・・・・・
● 何を外して良くて、外してはならないのかの確認。
特に製品を押さえている角材 を目視にて確認します。
● 何を先に外すべきかの確認。特に製品を押さえている角
材が先か、壁面材が先かなどを判断します。
● 全ての側面板を外して問題ないかの確認。
その他必要と思われる事は全てここで確認し、この後の作業手順を組み立てます。
ちなみにこの製品は・・・・・
● 自立している上、安定も良い様なので、押さえている角材は外しても良さそうです。
● まず、製品を押さえている角材2本を先に外した方が良さそうです。
壊れる材料」で出来ている置物ですので、壁面材を先に外した場合、その振動などで壊れないとも限りません。
なにしろ押さえ材は文字通り、製品に直接触れて押さえているのですから。
● 自立している上、安定も良い様なので、全ての側面材を外しても良さそうです。
開封ポイント17 開封ポイント画像17 押さえ材を固定している釘を慎重に外します。
この時、片側だけを外します。
開封ポイント18 開封ポイント画像18 次はどこを外していくか。

● 青色部材は、上部と両側の3面見えています。
● 緑色部材は、上部の1面しか見えません。
開封ポイント19 開封ポイント画像19 青色部材の側面材を外します。

この時「写真17」で、押さえ材の釘を外した側の側面材を外します。
開封ポイント20 開封ポイント画像20 側面材1面外しました。
製品の両側から角材が突き出てい
るのが確認出来ます。
ここで、押さえ材である角材を慎重に引き抜きます。
開封ポイント21 開封ポイント画像21 先ほど外した反対側の側面材を外します。
開封ポイント22 開封ポイント画像22 両側の青色部材を外しました。
次に蓋を打付ける為に取り付けてある「ハリ」を取り除きます。
ここから先の作業は特に慎重に行います。
箱自体がバラバラになっていますのでバランスが悪く、無理に引っ張ったりして側面材が製品に倒れ掛かり、破損になりかねませんから。
開封ポイント23 開封ポイント画像23 「ハリ」を取り除きました。
開封ポイント24 開封ポイント画像24 後は残った緑色部材の側面材を外します。
開封ポイント25 開封ポイント画像25 これで完了です。
製品は「リンゴの樹」の様な置物で、リンゴ(?)がガラス製、葉が陶器、鉢の部分が大理石で出来ていました。

見た目よりも重く、うっかりすると大変でしたね。
ページトップへ
国内木枠梱包国内木箱梱包輸出木枠梱包輸出木箱梱包輸出ベニヤ箱梱包オールベニヤ輸出梱包通函 真空バリヤ梱包
木箱のみ販売ダンボール梱包 富士梱包資材株式会社梱包機器販売お見積りから作業までの流れ国内お見積輸出お見積
ニュース&トピックスサイトマップお問合せ

当サイトは読み上げソフトに準拠して作成しております。