国内木枠梱包国内木箱梱包輸出木枠梱包輸出木箱梱包輸出ベニヤ箱梱包
オールベニヤ輸出梱包通函真空バリヤ梱包木箱のみ販売ダンボール梱包梱包機器販売
サイトマップお問い合せ
こんぽう.jp埼玉(富士梱包資材)トップページへ こんぽう.jp埼玉(富士梱包資材) 国内お見積はこちら 輸出お見積はこちら お問い合せはこちら
こんぽう.jp埼玉(富士梱包資材) 会社案内 サイトマップ 電話番号 FAX番号
富士梱包資材トップページへ ニュース&トピックス 5つの信頼 木枠梱包・木箱梱包 木箱のみ販売 バンニング作業 見積から作業までの流れ 事例紹介 Q&A 国際基準 環境への取組 開梱方法 リンク
5つの信頼
あんしんの梱包設計あんしんの梱包設計
製品は直接確認製品は直接確認
輸出梱包は国際基準輸出梱包は国際基準
永年の実績永年の実績
最新の梱包機器を駆使最新の梱包機器を駆使
木枠梱包・木箱梱包
国内木枠梱包国内木枠梱包
国内木箱梱包国内木箱梱包
輸出木枠梱包輸出木枠梱包
輸出木箱梱包輸出木箱梱包
輸出ベニヤ箱梱包輸出ベニヤ箱梱包
オールベニヤ輸出梱包オールベニヤ輸出梱包
真空バリヤ梱包真空バリヤ梱包
通函通函
木箱のみ販売
バンニング作業
お見積りから作業までの流れ
事例紹介
こんぽうQ&A
ISPM(国際基準)NO.15
環境への取組
開梱方法
リンク集
梱包コラム
最新梱包機器プロモーションビデオ
会社案内
ニュース&トピックス
国内お見積
サイトマップ
お問合せ
サイトマップ
段ボール梱包
店舗什器つくりました。
富士梱包資材株式会社,まもるくん
こんぽうQ&A
ホーム>こんぽうQ&A一覧>こんぽうQ&A
【海外で梱包した木箱】海外で梱包した木箱を、そのまま海外へ輸出するのに使えますか?
    掲載日:2010/6/4
Q:海外で梱包した木箱を、そのまま海外へ輸出するのに使えますか?

使えます。が、荷受国によっても違いが御座いますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

基本的にこのような場合、以下の様な場合が考えられます。

●輸入後、蓋を開けて中身の状態を点検し、問題が無ければ第三国、もしくは輸入した国へ、そのまま輸出する場合。

●輸入後、開梱して中身を取り出して、空いた箱は保管。後日出荷が決まった時、保管していた空き箱を利用して出荷・輸出する場合。

この時注意する事は、
「輸入された物そのままで輸出する」場合と「輸入された物を加工(修理等)して輸出する」場合とでは、内容が変わってくるという事です。

「輸入された物をそのままで出荷」の場合、正に「そのまま」で出荷・出国出来ます。
梱包箱に押印されているスタンプは、日本のもの(JP表記でない)ではないので抵抗があるかと思いますが、そのままで輸出に使用出来ます。

「加工(修理等)して出荷」の場合、当然修繕・修理は日本で行われ、日本で熱処理された梱包材を使う訳ですから、新たに日本の熱処理済みスタンプの押印が必要となります。
その場合、輸入された際に押印されていた他国のスタンプは、削るなどして消す必要があります。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
【急な梱包(梱包 埼玉)】急な梱包には対応してもらえますか?
    掲載日:2009/11/15
Q:急な梱包には対応してもらえますか?

梱包したい製品の大きさや数量、重量など「製品の問題」。お客様の御住所など「距離の問題」。そして「納期の問題」など。一概に御回答する事は出来ませんが、出来るだけの事はさせて戴きます。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
【こわれもの、われ物(梱包 埼玉)】ガラス等の割れ物でも大丈夫でしょうか?
    掲載日:2009/11/14
Q:ガラス等の割れ物でも大丈夫でしょうか?

大丈夫です。
弊社の顧客にはガラスメーカーの法人様も数社御座いますので、実績もあります。
又、弊社にはアメリカ製の「現場発泡ポリウレタン緩衝材製造機」であるインスタパックの最新機が御座います。
これは恐竜の展覧会などで、骨などを梱包する時に使われる緩衝材です。生物学上とても重要で、しかも壊れやすい物を梱包している最高水準の緩衝材です。
事実、展覧会の開催時に展示する骨を借り受ける際、搬入された時はインスタパックで梱包され、勿論無傷でした。
展覧会が終わり借りた骨を返す際、主催者側にインスタパックが無く、手持ちの梱包材で梱包して返却したところ、大切な骨は壊れてしまっていた、という話も御座います。
詳しくは、最新梱包機器プロモーションビデオをご覧ください。

あんしんして任せ下さい。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
【ISPM No.15(梱包 埼玉)】ISPM No.15に準じた梱包をしてもらいたい
    掲載日:2009/11/13
Q:「ISPM No.15」の適用国ではないのですが「ISPM No.15」に準じた梱包をしてもらいたいのですが、可能ですか?

ISPM No.15に準じた梱包が可能です。
実際その様なご依頼は御座います。
輸出先でトラブルを避けたい。
納期がタイトな為、税関で留まる事になる様な材料は、極力排除したい。
など、最善を尽くしたいとのご要望は御座います。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
【大きさ、重さ(梱包 埼玉)】どのくらいの大きさ、重さの物まで梱包出来ますか?
    掲載日:2009/11/12
Q:どのくらいの大きさ、重さの物まで梱包出来ますか?

大きさも重さも、荷物をどのように搬送するのかによって変わってきますが、弊社便のトラックにて搬送する事を前提にすると・・・・・
 ●商品寸法:6100×2300×2400(突起物も含む)
 ●商品重量:2500
迄の製品が梱包可能です。
又、上記大きさ、重さを超える商品であっても、弊社と提携している協力会社をご紹介する事も出来ますので、お気軽にご相談下さい。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
【木枠と木箱との採用の判断(梱包 埼玉)】木枠と木箱との採用の判断は?
    掲載日:2009/11/11
Q:木枠(中身が見える)と木箱(中身は見えない)との採用の判断はどの様にすればよいのですか?

一般的には国内移送は木枠、輸出荷物は木箱を採用されるお客様が多いです。しかし輸出荷物でもコンテナによる貨物となる場合は、特に湿気や結露を嫌う様な物を除いて木枠でも十分に対応出来ます。移動は全てコンテナ単位で行い、個別の荷物には余分な負荷がかからない訳ですから、それ程頑丈でなくとも大丈夫です。しかもコストダウンにも繋がります。基本的にはお客様のご要望に沿って梱包致しますが、判断に迷われた際には、どうぞお気軽にご相談下さい。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
【製品の引き取り(梱包 埼玉)】会社まで引き取りに来てくれますか?
    掲載日:2009/11/10
Q:会社まで引き取りに来てくれますか?

はい、お引取りに伺います。
もちろん距離の問題は御座いますが、埼玉県内や近隣の県で埼玉県に近い場所であれば、問題ありません。
当社より車で1時間程度の場所を目安にしています。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
【簡単な開梱の梱包(梱包 埼玉)】輸送後開梱が簡単な仕様という物はないのですか?
    掲載日:2009/11/9
Q:輸送後、現地での開梱(梱包を解く)が簡単な仕様という物はないのですか?

海外の展示会に出展する様なお客様によくご依頼を戴きます。
開梱が簡単に出来る事はもとより、通い箱としても使える梱包も出来ますので、どうぞご相談下さい。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
【複雑な形の製品】複雑な形の製品でも梱包出来ますか?
    掲載日:2009/11/8
Q:複雑な形の製品でも梱包出来ますか。

全く問題ありません。
弊社は全品オーダーメイド品ですので、あらゆる形状に対応する事が出来ます。
>>>数々の実績をご覧下さい。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
【輸出梱包】海外に輸出したいのですが、梱包出来ますか?
    掲載日:2009/11/7
Q:海外に輸出したいのですが、手続きも含めてお願い出来るのでしようか?

はい、大丈夫です。通関業務などは外部委託となりますが、現地までの運搬も含めて
お取り扱い出来ます。お気軽にご相談下さい。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
【スタンプを捺印】生材木と合板の両方の材料を使った梱包について
    掲載日:2009/11/6
Q:生材木と合板の両方の材料を使って梱包した場合、材木部位については、目視できる部位全てにスタンプを捺印しなければならないとの指導を受けたのですが?

それは誤りです。
生材製木材梱包と同様に「目に見える位置に配置され、梱包外装の少なくとも2面(1面と、その反対側の2面)に付され」ていれば良いのです。
この場合、おそらく外装部の殆んどの部分が合板で構成されていると思われますので、合板に捺印する事となり抵抗があるかと思いますが、それで良いのだそうです。

詳しくは国際基準ISPM No.15のページをご覧ください。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
【出張による対応】出張による対応はして貰えますか?
    掲載日:2009/11/5
Q:事情があって、梱包したい製品を社外に出したくないのだが、出張による対応はして貰えますか?

大丈夫です。対応致します。
但し距離的な問題が御座いますので、ご相談下さい。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
【熱処理の証明】「熱処理をした」という証明は、スタンプ以外では証明出来ないのですか?
    掲載日:2009/11/4
Q:「熱処理をした」という証明は、スタンプ以外では証明出来ないのですか?

原則として出来ません。
この国際基準の規制はここまで落ち着くのに「紆余曲折」ありました。
消毒証明実施を監視している機関の発行する「消毒証明書」が必要だったり、スタンプではなくステッカーを貼るという時もありました。
現在では「スタンプの捺印」で統一されているようです。
又、スタンプを捺印した上に「消毒証明書」の発行を御依頼されるお客様もおられますが、現在の「消毒証明書」は以前の様な効力は持っておりません。
「スタンプの捺印」が全てを意味する事となっておりますので、「証明書」は実質、証明書ではないと、お考え下さい。

くわしくは国際基準ISPM No.15のページをご覧ください。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6


ページトップへ
国内木枠梱包国内木箱梱包輸出木枠梱包輸出木箱梱包輸出ベニヤ箱梱包オールベニヤ輸出梱包通函 真空バリヤ梱包
木箱のみ販売ダンボール梱包 富士梱包資材株式会社梱包機器販売お見積りから作業までの流れ国内お見積輸出お見積
ニュース&トピックスサイトマップお問合せ

当サイトは読み上げソフトに準拠して作成しております。